生活費の借り入れ

MENU

借り入れは悪いことじゃない

消費者金融を利用する人の借り入れの理由は、娯楽によるものが多いと考える方が多いかもしれません。

 

しかしながら以外なデータがあるので紹介します。「消費者ローン利用者、経験者の意識調査」借り入れの理由の1位はなんと「日常の生活費」なのです。

 

ですから、お金を借りることに罪悪感を覚える必要はありません。長い人生です。お金が足りなくなることがあって当然です。ただし借入先は慎重に選ぶべきです。

 

お金を借りるのには利息がかかります。ですから、少しでも利息が低いところから借りたいですよね。可能なら無利息が一番です。

 

結局、無利息キャッシングが一番安全ということです。

 

ただし、生活費ですので、莫大な借金をするわけではないかもしれません。ただしそこが落とし穴で、1度借金をしてしまうと、返済分の上乗せで日に日に生活が苦しくなってくるのです。

 

ただでさえお金が足りなくて借金をするのに、さらに金利が上乗せされたお金まで、普段の生活費に加えて支払う必要が出てきます。そうすると、上乗せされた金額を支払うことができないから、また借金をしなければいけなくなります。

 

こうしたことを続けていては、借金は嵩むばかりでなくなることはありません。

 

生活費としての借り入れはとても危険なことなのです。まずはそもそも、なぜお金を借りなくてはいけない状況なのかしっかりと生活を見つめなおしてみましょう。

 

支出が多いのか、収入が少ないのか、必ず原因があるはずです。支出であれば家計簿を見なおしてみましょう。家賃、外食、娯楽、食費など出費が多いものはございませんか?

 

もし無駄な出費がない、という場合は収入がそもそも少ないのかもしれません。そうであれば借金をしなくても、アルバイトなどでも収入は得られるはずです。

 

ご自身のお時間の使い方を見つめなおしてみ、もっと働くことが出来る時間があるのであれば、借金はしなくても生活費は働いて捻出するべきでしょう。

 

お金が足りなくなった、借りなければならない、そうした状況になったとしたらもう1度生活を見つめなおしてみることをオススメします。まずは1ヶ月の生活費の使い道を記録して、自分が何にどうお金を使っているのか把握しましょう。

 

そして無駄な出費がなければ、収入を増やすための方法を考えましょう。

 

そこにお金に困らないためのヒントがあるのだと思います。